2017年12月15日金曜日

Rozini カヴァキーニョ ブリッジ製作交換

 ホジーニをお預かりしました。(F様ありがとうございました!)
 サドルの前の壁が折れてしまったということでした。お客様ご自身で接着されたということで、写真の状態で持ち込まれました。少しずれてついていて、ブリッジが板目でしたので、強度も考えてブリッジを交換することになりました。
 まずはブリッジをはがしました。そして手持ちの中から、軽いエボニーを選びました。
サイズを図り材料に書き込んでいます。
 ノコギリでウイングを薄くし、サドル溝と弦穴~サドル土台間に溝を掘りました。
弦穴はなるべく下にあけたほうが良いので、弦穴前の溝は深めに彫ります。
 ウイングを丸めていきます。

 何度も削り合わせて接着面を合わせているところです。この後内部の当て木も作り接着しました。途中の写真がありませんでした・・
 接着しました!

 サドルも新たに製作して、弦を張って完成です!!


修理のご依頼をいただき誠にありがとうございました!! 朝倉宏泰

2017年12月14日木曜日

アラウージョ カヴァキーニョ 表板割れ 表面板外れ修理

 アラウージョをお預かりしました。(I様ありがとうございました!)楽器を落としてしまったそうです。低音側の表板割れ、バインディングの内側、表面板が外れています。

 裏から押すとこのように出てきます。

 エンドブロックセンターでの表面板の剥がれ 表面板ジョイント部の割れ・・・
 最初は中から接着剤を入れようとしたのですが、手も入らないのでバインディングを取りのぞいて接着することにしました。今回、塗装はなしです。
 まずは割れを接着していきます。写真は仮に止めているところだったと思います。
 接着後、割れ止めを貼りました。手も入らないし、クランプすると回転してしまうので、とても難しいところです。水色矢印の先
 全部で4枚貼りました。きっちり並んでいると思います。
 順番が前後しますが、クランプしている様子です。



 表面板センターの割れ、エンドブロック部で外れた板を接着して、バインディングを戻します。
 塗装なしですので、磨いて完成です。ジョイントは斜めにすることによって目立たなくなります。



弦を張って完成です。 修理のご依頼をいただきありがとうございました! 朝倉宏泰

2017年12月13日水曜日

茶位 NO.50 裏板割れ ブレーシング剥がれ修理

 茶位ギターをお預かりしました。(O様どうもありがとうございました)
ギターを落としてしまったそうで、裏板が割れて段差がついています。衝撃で裏板ブレーシングもはがれていました。
 段差があり、裏板も外れて、バインディングにもダメージがありました。
 表からの写真がなかったのですが、割れを止めて、丸い木の部分は当て木しています。
 先に割れを接着してからブレーシングを接着します。
 はがれているところを確認してから・・
 マスキングしてから接着します。
 中からはターンバックルで絞めて・・
 外からはごく軽くカムクランプで締めます。

 裏板の塗装をやりなおして、完成です。




見た目はほとんどわからなくなりました! 修理のご依頼をいただき誠にありがとうございました!  朝倉宏泰

2017年12月12日火曜日

広瀬達彦 フレット浮き、摺合せ修理

 広瀬ギターをお預かりしました。(W様どうもありがとうございました。)
 症状はビビりがあるということで、フレットを確認しいたところ、フレットの両端が浮いているところが多数ありました。
 フレットを緩く打っているギターは、指板の縮み、ふくらみなど経年でフレットが浮いてしまうことはよくあります。
 浮いている状態・・・
 押すと沈みます。次のフレットが浮いているので、強めに押弦したときにフレットが沈み弦が次の浮いているフレットの接触してビビるという具合です。
 すべての浮きを修正し、フレットを軽く擦り合わせます。
 頂点が平らになりますので、1本ずつ丸く成形しなおします。

フレットの端、角を落としているのがわかるでしょうか。

 広瀬ギター、全体的な状態、音もとても良いギターでした!修理のご依頼、どうもありがとうございました! 朝倉宏泰