2019年7月10日水曜日

KLEITON AMARAL カヴァキーニョ 指板交換等 Part.4

 パート3の続きです。 ブレーシングを元に戻します。はがした際に接着剤が残っているので木地を出しておきます。アールは元あったようにします。
 ブレーシングの接着です。カムクランプでこのように接着すると傾いたりしますので、写真では見えませんが、カムクランプの下それぞれにスペーサーを入れると安定し、アールもおかしくなりません。
 そして裏板を戻します。今回は横板を寄せながら接着するので、いっぺんに作業できませんでした。1回目は、奥側のブレーシング辺りまで、残りは後日作業しました。
 裏板の接着が済みましたらバインディングを製作します。表側のバインディングと色が合いそうなもの選んで切り出します。
                 鋸で切りました。
       これはベンディングアイロンで曲げるために準備しています。

        まずは大まかに曲げて、接着前にきっちり曲げ直します。
               これは接着した後です。
   このようになりました。遠目の写真ばかりですが、きっちり作業しました。
  バインディングのはみだしを削り、塗装するために剥がしているところです。
                これは塗装途中です。

磨いて裏板と横板、ネックは完成です。次は表側の仕上げに入ります。


2019年7月8日月曜日

KLEITON AMARAL カヴァキーニョ 指板交換等 Part.3


 パート2からの続きです。 裏板を外すためにバインディングを取り除きます。裏板側のパーフリングはバインディングと同じ高さの突板が貼ってありました。写真は突板を剥がしているところ・・・
 裏板を外したら、センターから割れてしまいました。裏板の接ぎ止めも割れていたためです。ラベルもあるので修理は非常に難しいです。
                 まず接着しました。
 ラベルもあるので、一番奥側にある接ぎ止めを交換することにしました。ここは敢えて横目にしました。
                 あとで薄く削ります。
 表板側、ぺオネスと呼ばれる表面板の糊代になるパーツですが、無くなっています。
接着剤の痕があるので外れてしまったのだと思います。表板のパーフリングが見えています・・・
 高音側のウェイスト、ここも欠けているように思います。もちろん特にブラジル製の楽器で何でもかんでもきっちりしすぎは良くないですが、重要なところはきちんと修理します。
セドルの木片をパーフリングに合わせて段差をつけておいてみました。
          あとは成型して接着します。2個接着しました。

            こちらは、細めのものを一つ追加です。
ブレーシング剥がれなどもあり慎重に見つけては接着を繰り返します。次は裏板のブレーシングを戻して、裏板を閉じます。やり残しはないか何度も点検しました。

まだ続きます!!

パート1はこちら
パート2はこちら

2019年7月7日日曜日

KLEITON AMARAL カヴァキーニョ 指板交換等 Part.2


 こちらの続きです! 指板材はアフリカンエボニーです。
 計算式から、フレットの溝を正しいスケールで切って、元の指板と合わせてみました。
このようになりました。
 指板の側面はネックのカーブが指板側面にも及んでいるので、ネック幅から垂直に切るのではなく広めに取っておきます。

 指板を剥がしました。サウンドホールのところ、表板は初めから欠けておりました。
 赤で囲んだところが低いため、指板がぴったりつかなくて接着剤がたまってしまっていました。
          接着剤を取り除いて、薄いセドルを貼り付けます。
                クランプしたところ
  上面を削って平らにしました。指板の接着面全体を整えてから指板の接着をします。
クランプの順番と向きはいつも気にします。
               サイドドットを入れて・・・
指板調整してからフレットをきつく打ち込みます。特にカヴァキーニョはこうすると素早く立ち上がります! パート3に続きます。

2019年7月5日金曜日

KLEITON AMARAL カヴァキーニョ 指板交換等 Part.1



 KLEITON  AMARALのカヴァキーニョをお預かりしました!(H様どうもありがとうございました!!)
              裏板のハカランダの割れ痕です。


      こちらはバインディングの接着がうまくいっていないところ・・
裏板割れと裏板センターの接ぎ止め共々割れが入っていたり、さらにライニングがなくなっている(最初から抜けていた!?)ところや表板のブレーシングはがれなどもありましたので、作業性など考えて裏板を一度外してすべて修理します。
 症状は、音程が合わないということでした。まずはスケールを測りますが、パッと見た時点でこれでは音が合わないのが良くわかりました^^;
              指板を交換することにしました。
                  指板サイド
           簡易にスケールを当ててみると・・
           このような感じです。
 ブリッジの位置はずらさないで、オクターブも合うようにスケールを合わせます。
 サドル溝の下に注目してください。U字に空いていて、サドルが接地しておりません。

 サドル溝を一度埋めて掘り直します。 まずは、楽器の状態確認の投稿でした。
次のPart2に続きます!!