2017年9月27日水曜日

名古屋ギターフェスティバル 2017


楽しみにしてくれている方がおられるのに、更新が滞ってしまい申し訳ありません。
9月2日のことですが、名古屋宗次ホールで行われた、名古屋ギターフェスティバルに行ってきました!
名古屋発上陸でしたが、栄は表参道のような雰囲気で、とても良いところでした。
 フェスティバルでは、主催者でもある生田直基さん。去年の年末に完成したばかりのラジアルブレーシングギターでの演奏、ホールいっぱいに響き渡る太く素晴らしい高音を聞かせてくれました! 自分が製作したギターが、響きの良いホールでどのように鳴るかは、とても勉強になります。トップバッターのブラーヴォさん、愛知大学クラシックギター部の有志、アレクサンドルさん、伊藤さん、高須さんNGQ演奏もとてもよかったです。


     第1部 娘も楽しみにしていた生田さんのソロ。格好良かったです!

 第2部は、松尾さんの演奏と日本初上陸のガブリエルビアンコでした。
グレッグスモールマンは私が目指しているギターなのですが、音量がすさまじく、ガブリエルの弾き方もあるのでしょうけど、各弦太いのに分離も良く、特にオートゥイユの夜会で、1弦解放から始まるサビのメロディーでの音が大砲のように野太く、ホールいっぱいまで響いていてとても印象的でした。音色の変化も素晴らしく、言葉で表すのは難しいですが、YoutubeやDVDで見るよりもさらに素晴らしかったです!! 

 そして、ホワイエでは、朝倉ギターの展示をさせていただきました!生田さん使用のダブルトップと持参したラティスブレーシング(レッドゲートスタイル)、そして第2部では、来場者の方に第1部で使用したばかりのラジアルブレーシングと3本のギターの試奏をしていただきました。来場者からは、ギターの構造に関する質問が多かったですが、こちらもとても参考になる意見もいただいたりして、とても勉強になりました! 今思えばスモールマンモデルのラティスも持っていけば良かったと思いました。
 山陰ギターコンクールを朝倉ダブルトップで優勝したアレクサンドルさんと・・
主催者でもある、生田直基さん、そして世界一セクシーなギタリスト、ガブリエルビアンコと・・

宗次ホールのスタッフも素敵な方ばかりでした。それにしても、ガブリエルビアンコの衝撃は忘れられません。 ビアンコのような音が出れば良いなと思い、今度はハカランダでスモールマンモデルの製作をはじめます! このような機会をいただき本当にありがとうございました!!    FaceBookでは、ギターの製作過程が見られます。 朝倉宏泰 

2017年7月8日土曜日

カヴァキーニョ ブリッジ剥がれ 修理 

 カヴァキーニョをお預かりしました。(O様どうもありがとうございました!)
 ブリッジが完全にはがれてしまったということでした。
 この状態・・ ブリッジの領域、塗装が完全にはがされておりません。
 この写真は、まだ作業していませんが、この後塗装をはがし、ブリッジ底を表板に合わせました。
 ブリッジをクランプするために、当て木を作ります。 
 ブリッジを置くだけでぴったり付くようにしてから、接着しました。

 表面板のゆがみが少ないので、作業はそれほど難しくはありませんでした。
 フレットの錆がありましたので、キレイニしました。作業前・・・

 こんな感じです。

最後に弦を張ってしばらく様子を見て完成です! 修理のご依頼をいただきありがとうございました!  
次回は、ヘッドウェイHD-555の修理を予定しております。
右側のラベルで修理を検索しても出てこない記事がありますので、検索エンジンを使用して頂くと表示される記事があります。 

よろしくお願いいたします。


朝倉宏泰

2017年5月28日日曜日

メイプルトップST ボディ 材料販売いたします。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。今日は修理の記事ではなく、倉庫から出てきたSTボディと、棚に収まらないレッドシダーを販売いたします。
 15年位前にstewmacで購入したものです。メイプルトップ、アルダーバックです。

 ドロップになっています。
バックは、アルダーで、4ピースでしょうか。全体にサンディングシーラーを薄く塗っていますので、一度はがしてから木地調整してから塗装してください。  こちらのSTボディ 送料別で10,800円です。
 こちらの米杉は売れました。









お問い合わせは、右のプロフィール欄にあるメールアドレスから、お名前を明記してよろしくお願いいたします。  朝倉宏泰

2017年4月27日木曜日

中西ウクレレ ブリッジ交換

 岩手を中心に活動されている、ツジヤマガク様より中西ウクレレをお預かりいたしました。
(ツジヤマ様ありがとうございました!)
 症状は、サドルを下げても弦高が高い。サドルを抜いた状態で弦を張るとちょうど良いということでした。ブリッジが厚いか、ネックの仕込み角度の問題です。

 最初はブリッジを薄くして、サドル溝も掘り下げて修理しようとしたのですが、弦の溝が広がっていますので、新たに作り直すことになりました。
 ホンジュラスマホガニーを使用いたします。薄く作り直しました。

 ブリッジの領域、塗装を剥がします。
 塗装を終えたブリッジ。
 クランプして接着します。
 弦を張って完成です。
 サドルがほとんど出せませんので、直下まで弦溝を切っています。

修理のご依頼をいただき誠にありがとうございました!! 
軽やかでコロコロと可愛い音でした。

次回は、カヴァキーニョのブリッジ剥がれを予定しております。



朝倉宏泰


2017年3月3日金曜日

RHEINBACH クラシックギター ネックリセット Part.2

 こちらの続きです! ヒールの角度、左右の振り、ヒール下のカーブ、等を合わせてから、ボディの塗装を剥がしました。 ヒールを合わせるときに厄介なのは、ボディとヒールの間にカーブがあることです。
 あらためて嵌めてみると、きっちり収まりました・・・


 そして今度は、表面板に載っている塗装部分ですここも指板の範囲分剥がします。
 まだ仕上げの状態ではありませんが、塗装は分厚いです・・・ ダボジョイントですとこのまま接着すれば、12フレット下辺りで、隙間が空いてしまうのは明白です・・どちらにせよ、12フレット以降が落ちすぎてしまうために、指板の下に板を敷いて、テーパーに仕上げます。
 指板の下に板を接着しております。
 スプルースの板を接着したのがわかるでしょうか。これはすでにテーパーに削っています。
 ここまで来るのは本当に長かったですが、接着しました!
 サドル高が確保できるようになりましたので、製作交換します。今回はタスクサドルにいたしました。
 指板下の薄板は、表板の色に合わせて着色しました。あまり目立たないと思います。
 ヒール部



これで完成です!!
長い修理期間をいただきました。 修理のご依頼をいただきありがとうございました。

次回は、中西ウクレレの修理を予定しております!

Part1はこちらです→ http://asakurakobo.blogspot.jp/2017/03/rheinbach-part1.html


お問い合わせは、お名前を明記してお願いいたします。

朝倉宏泰