2008年10月3日金曜日

Gibson LG-1 裏板割れPart3

細かく割れていた部分は、接着してひとつにしておきます。そして、ブレーシングと裏板に接着します。


中からターンバックルを使い、外からはハタガネなどを使って接着します。ブレーシングも同時につけます。


乾燥しましたら、残りのライニングに乗る部分を接着します。


バインディングを元に戻して接着作業は終了です。




2008年10月2日木曜日

Gibson LG-1 裏板割れPart2

まず、表板のブレーシングはがれを接着します。

次に、表板と横板が外れていましたので、こちらも接着します。


裏板です。はじめに細かく割れている部分、バインディングをきれいに剥がしていきます。
そして、ハタガネを使い、割れを寄せて接着します。この時点で、接着剤を付けたくない部分には

剥離紙などを敷いています。


割れを接着した後、当て木をします。この状態ですのでクランプを使用して接着できます。


もうひとつの割れにも、当て木します。





2008年10月1日水曜日

Gibson LG-1 裏板割れPart1

gibson LG-1の修理です。

落としたのでしょうか・裏板が外れて浮いています。



離れたところも割れています。


バインディングもはずれライニングが見えています。




中の様子です。ブレーシングがはずれています。観察すると同時に、修理の手順を考えます。