2009年8月5日水曜日

Guitar製作 調整










ナットをはめ込み、弦の溝を掘ります。




サドルです。何度も弦を緩めて,サドルを抜き取り、調整します。















































このギターは、ラティスブレイシングを採用しておりまして、表板の厚みが非常に薄いので、調整後、表板を保護するシートを貼ります。












細かな調整は、時間がかかります。

0 件のコメント: