2009年2月23日月曜日

Gibson J-45 ネック折れ 修理 No.1


Gibson J-45ネック折れ修理です。折れた部分にボルトを通していた痕があります。

ナットを埋め込み式にしていたのでしょうか、表から大きく掘り込んであるのがわかります。

ここまでやっても弦の張力に耐えられなかったのでしょう。






裏から見たところです。ネック側、ヘッド側とも接着剤が付いています。

しかも、双方がぴったりとくっつきません。




接着です。完全に離れているので、そのまま接着しますとずれてきますので

ずれないように工夫して接着します。今回の場合は、エポキシ接着剤を使います。





とりあえず接着できました。表側、ナットが埋め込まれていた痕がわかります。






裏側です。





横から見て、角度が変わっていないことを確認します。






反対側です。

2009年2月20日金曜日

レスポール ネック折れ

Gibsonレスポールのネック折れです。以前、どこかで修理されたものが、また折れて
当工房へ依頼されました。

まずは、裏、表側を観察します。前回の修理の接着剤が付いています。できる限り取ります。


割れを接着後、当て木をするために削りましたところ、何か埋め込んであります・・・




特に、左側・・・
この後、当て木を当てて塗装をします。途中の写真がありませんでした。


完成です。写真がうまく撮れていません。






この程度(ヘッドが完全に離れていない)の、再修理でしたら、通常のネック折れと変わらない料金でできます。39000円~です。

次回も、ネック折れですが、いろいろなパターンをご紹介したいと思います。