2011年8月15日月曜日

クラシックギタリスト 高橋力 氏

今日は高橋先生に来ていただきました。 サドル交換作業中に、BWV1006aロンド風ガヴォット、アルハンブラの思い出、などを演奏していただき、生演奏がBGMという非常に贅沢な作業時間でした。 
 12日に高橋所沢ギター教室の納涼会があり、私は部外者ですが参加させていただき、どうもありがとうございました。本当に生徒さんの数が多くて驚きました。

クラシック、フォーク、エレキギター(イングヴェイやポールギルバートなどの超早弾きももちろんOK)、ウクレレなどを教えている 高橋所沢ギター教室はこちらです。
http://riki.iza-yoi.net/index2.htm

朝倉宏泰

2011年8月13日土曜日

GIbson レスポール std ネック折れ 修理

ギブソンレスポール ネック折れ ご依頼いただきました(O様どうもありがとうございました。)





表の突き板、塗装面に筋が入っておりますので表も塗装します。


接着後、当て木した状態です、これから磨いて塗装します。









ピンボケでした申し訳ありません。





リアピックアップには、インベーダーが搭載されておりました。


個人的にとても好きなピックアップです。

どうもありがとうございました。




朝倉宏泰

2011年8月12日金曜日

ダブルトップ ファンブレーシング

ダブルトップギターです。


前回のものとは範囲、接着剤、断面部の形状など変えました。
うまくいけば良いですが・・











少し前ですが、あのクアトロパロスの萩野谷さんにも来て頂いたりしました。





萩野谷英成 出演情報

http://hagyguitar.garyoutensei.com/index.html




・10月23日(日)ゲスト演奏
・11月13日(日)トロッタの会 
・11月26日(土)記念イベント
・12月18日(日)ジョイントコンサート






よろしくお願いいたします。





朝倉宏泰




2011年8月2日火曜日

カヴァキーニョ 修理

ドソゥト カヴァキーニョの修理ご依頼いただきました(M様ありがとうございました。)


少し弦高が高いのでサドルの下側、0フレットを削りました。


弦を張ってみたところ、サスティンがなく音が詰まっている感じがしたので


観察したところ、糸倉とナットの間で弦が食い込んでしまっていました。


写真の高音弦側はまだ加工していない状態です。




弦があたらないように削り、塗装したところです。


弦を張ってみたところ、音の伸び、余韻ともに非常に良くなりました。


他にも少し気になる部分もありましたが、調整完了です。


ありがとうございました。




朝倉宏泰