2012年4月29日日曜日

ラティスブレーシング ロイコートナルタイプ

 裏板を接着しまして、太鼓になりました。
バインディングを横板の端材から切り出しておきます。

今回はシンプルにこのようにしました。

朝倉宏泰

連絡

ゴールデンウィーク中もこちらに居りますので、お問い合わせはプロフィール欄にある
メールアドレスで〇を@に変えて下さい。よろしくお願いいたします。

また、お問い合わせの際は、本文にお名前(本名)の記載をお願いいたします。
ギターの試奏も出来ますが、こちらも事前にお問い合わせください。

それではよろしくお願いいたします。

朝倉宏泰

2012年4月24日火曜日

ラティスブレーシング ロイコートナルタイプ

 接着したブレーシングを削ります。
 残りのハーモニックバーの接着、成型しました。
横板に表板から接着しました。
次は裏板を製作します。

朝倉宏泰

2012年4月23日月曜日

ラティスブレーシングギター ロイコートナルタイプ

 ヘッドに付き板を貼りました。そして今回はバルサではなく米杉で格子を組みます。
 ヘッドの加工。
 組んだ格子にアールをつけます。まっすぐのブレーシング材をアールをつけながら接着する方法もあります。
接着します。

よろしくお願いいたします。
朝倉宏泰

2012年4月22日日曜日

ギブソン レスポール スタジオ ネック折れ修理

 レスポールスタジオの修理ご依頼いただきました。(N様どうもありがとうございました。)
 ご自身で接着したが、また折れてしまったそうです。このままでは割れ部分がぴったりいきませんので、まずは接着剤を取り除きます。
 古い接着剤を綺麗にしてから接着しなおします。
 当て木をします。
 今回は最小限の修理ですので、下地塗装と着色はしません。目止め後、クリアーを塗りました。
当て木の色が濃かったので、角度によっては色があっているように見えます。
 セットアップして完成です。
N様とは、ガンマレイの話で盛り上がりました、楽しかったです。
修理のご依頼どうもありがとうございました。

今回のように修理したが、また折れてしまった場合などご相談ください。
よろしくお願いいたします。

朝倉宏泰

2012年4月21日土曜日

ラティスブレーシングギター ロイコートナルタイプ

 裏板のメイプルです。表と同じように接ぎます。
 横板です。厚みを調整してから曲げておきます。
 ネック材のセドル、スカーフジョイントの準備をして接着します。
曲げ終えた横板と、接着したネック材。


前の行程 http://asakurakobo.blogspot.jp/2012/04/1.html

朝倉宏泰

2012年4月19日木曜日

ダブルトップ ファンブレーシング


連続の投稿です。
杉×杉のダブルトップギター、塗装が完了いたしました。
この写真では、横板はまだ磨いておりません。
ブリッジの製作に入ります。
塗装が終了しましたら、接着します。
 
製作過程はこちらから見られます。
 
こちらのギター、在庫はありません。
 
よろしくお願いいたします。
朝倉宏泰

ラティスブレーシングギター ロイコートナルタイプ

今回は重たいスモールマンタイプではなく、軽量なラティスブレーシングの製作です。表板杉を接ぎます。かんなで削り・・
接着しました。
お客様指定のバラのロゼッタを入れます。

2012年4月4日水曜日

クラシックギタリスト 生田直基氏

4月になりました。
昨日のことですが、悪天候の中ギタリストの生田さんに来ていただきまして
、ギターの試奏をしていただきました。
ギター自体の音色、抜け、立ち上がりのことや、弦などについて色々教えていただきました。
どうもありがとうございます!

他には奏法のことですが、ストレッチの仕方やコードを押える指をすりかえる等、
はじめてみるテクニックを見せてもらいました、とても楽しかったです。

生田さんのブログ、”音楽旅程”はこちらです。
http://ameblo.jp/naoikuta/

レッスンなどは、こちらの公式ホームページに詳しく書いてあります。
http://nao-ikuta.com/lesson.html

よろしくお願いいたします。
朝倉宏泰