2016年4月16日土曜日

弦譜堂 (ギター・ベース等、弦楽器パート専門のオーダーメイド楽譜製作)


いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

突然ですが・・ オーダーメイドで楽譜を製作してくれる、弦譜堂に採譜を依頼しました!
タブ譜を製作してくれる仕事があることは前から知ってはいましたが、依頼するのは初めてでした。

今回は、完全コピー譜で、昔から弾いてみたかった曲のギターソロ部分の採譜をお願いいたしました。
超速弾きの部分でしたが、完成したタブ譜を見ると、今までの霧が晴れたような!?完成度の高さに驚きました・・・・本当に完全コピーでした!

弦譜堂、代表の松本さんは、ものすごい耳の持ち主で、どのようなジャンルでも対応でき、
もちろん、アーミングのニュアンス等、細かい注文にも対応して頂けます。本当にありがとうございました!!

この曲を弾いてみたいけど、楽譜がないと・・・という方は一度依頼されてみてはいかがでしょうか。

弦譜堂はこちらです→ http://genpudou.com/

2016年4月6日水曜日

マーチン HD-35 ブレーシング剥がれ ナット、サドル交換 修理

新年度がスタートしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。マーチンのHD-35をお預かりしました。(U様いつもありがとうございます!!)症状は、5フレット以降、ボリューム感がないということでした・・・ ボディの異音チェックからはじめますと、原因はすぐにわかりました。裏板4本のブレーシングが両脇8箇所で外れていました。
 写真は1箇所ですが、同じ要領で作業していきます。剥がれています。場所によっては
ブレーシングが裏板から離れていましたので、アールが崩れないように慎重に接着していきました。
 マスキングテープを貼ります。
 内部からターンバックルを締めて・・・
外からは、軽くですがクランプしますがこのとき裏板のアールに注意します。
この要領ですべてのブレーシングを接着しました。裏板が割れていなくて良かったです。
 6弦以外のナット溝が深すぎるので、ナット交換いたします。

 慎重に抜き取りました・・・本当に難しいところです。
 オイル漬けの牛骨に交換いたしました。弦を張ってみたところ・・
 1弦の15フレットで、わずかですが音が詰まる感じがありました。このギターはジョイント部で若干腰折れ気味でしたので、ハイポジションのみ最終フレットに向かってテーパーになるようにすり合わせしました。
 フレットを削り、頂点が平らになったところを丸く削りなおします。そして磨いたところです。
 サドルは、ミカルタが付いていて、少しゆるかったのでオイル付け牛骨で作り直しました。
パワーがあり、とても良いギターでした!修理のご依頼誠にありがとうございました。

次回は、カヴァキーニョの修理を予定しております。

朝倉宏泰