2017年12月12日火曜日

広瀬達彦 フレット浮き、摺合せ修理

 広瀬ギターをお預かりしました。(W様どうもありがとうございました。)
 症状はビビりがあるということで、フレットを確認しいたところ、フレットの両端が浮いているところが多数ありました。
 フレットを緩く打っているギターは、指板の縮み、ふくらみなど経年でフレットが浮いてしまうことはよくあります。
 浮いている状態・・・
 押すと沈みます。次のフレットが浮いているので、強めに押弦したときにフレットが沈み弦が次の浮いているフレットの接触してビビるという具合です。
 すべての浮きを修正し、フレットを軽く擦り合わせます。
 頂点が平らになりますので、1本ずつ丸く成形しなおします。

フレットの端、角を落としているのがわかるでしょうか。

 広瀬ギター、全体的な状態、音もとても良いギターでした!修理のご依頼、どうもありがとうございました! 朝倉宏泰

0 件のコメント: